Architectural design office
アポロラボ 一級建築士事務所
北海道札幌市の建築設計事務所
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 寄り道 | main | 連休日和 >>
生活の中のアート

 JR札幌駅の西側コンコースにある彫刻、妙夢(みょうむ)です。
美唄市出身の安田侃さんの作品です。
イタリアにも妙夢の同じ白色と黒色があるそうです。
若い子達がよく、待ち合わせに使っています。
もたれたり、座ったりして自由に使っています。
コンコース内で一番自由に使われている場所だと思います。
北海道では、公園などにもたくさん安田さんの特に天秘(てんぴ)が飾られています。
誰にでも気軽にふれることができ、登ったり寝転んだりしています。
公園に遊びにきている子供たちは必ず登っています。
本州でも天秘を見かけることがありますが、登って寝転んだりなんてもってのほかです。
もしそんなことをすれば警備員がすぐに飛んできてこっぴどく叱られます。
登っていて実際に叱られたことがあります。


こちらは、大通り公園にあるイサムノグチのブラック・スライド・マントラです。
その名の通り渦巻状の滑り台です。
この彫刻は子供たちが滑り台をすべることによって徐々に削られ、やがて完成するのだそうです。
雪がとけ、今年もいっぱいの子供たちがブラックマントラを完成に近付けてくれます。
こういった、生活の中に溶け込んでいるアートは逆に見ているだけでも気持ちいいです。
アートが身近な存在であるっていいですね!