Architectural design office
アポロラボ 一級建築士事務所
北海道札幌市の建築設計事務所
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 断熱改修 | main | 断熱施工 >>
サウナ

隠れ家に行ってきました。

南区の山裾にひっそりと佇んでいます。



写真に映る二人のお兄様方がほぼセルフビルドで建設されました。

工務店もビックリの仕上がりです。

フレームは在来の軸組で断熱、気密の施工もしっかりと施されています。

暖房は薪ストーブだけですが、高気密・高断熱住宅なので十分に問題なく生活を送る事ができます。

間仕切りや建具のない大きなワンルームなので、家の真ん中にある薪ストーブが北国の隠れ家らしい雰囲気を醸し出しています。



ウッドデッキのすぐ目の前には小川が流れています。

30mほど上流で湧き出しているので水温が安定しているのか寒さが厳しかったこの冬でも凍結することがなかったようです。

手前に映っているレンガの箱はバーベキュー用のコンロです。

この広いウッドデッキもこのコンロももちろんセルフビルドです。

なんと、このウッドデッキの下には夏用のアウトドアバスまで用意されています。



この日は奥に映っている、これまたセルフビルドで建てられた超本格フィンランド仕様のサウナを目的にやってきました。



熱源はサウナ用の薪ストーブでフィンランドで一番人気のあるhelo(ヘロ)社のものです。

この大きさで大人4人が楽しむ事ができます。

サウナ小屋はフィンランドの生活や文化に精通したビタレスク社の監修の元に、本場のサウナ小屋と全く同じように造られています。



山を背負い、森に囲まれ、川のせせらぎの聞こえる生活は憧れの北海道スタイルです。



いよいよサウナタイムです。

サウナ小屋の中は90度近くになっています。

小屋の中が熱くなってくるとストーブの上にある石にスクープで水を1、2杯かけます。

そうすると、熱い水蒸気が発生して一気に身体が熱くなります。

そこで外へ飛び出して身体を冷やします。

10分を目安にこれを繰り返します。

これを7回〜8回ほど繰り返して身体を芯から温めます。

最初のうちは外に出た時に寒さが勝ってしまいますが、回を重ねるうちに外でのクールダウンが外とは思えないほど心地よくなってきます。

外に出た時はしっかりと水分を補給して代謝を向上させます。

この間、山に向かって叫んだり、満点の星空を見上げたりします。

ストーブ小屋の中はロウソクのとストーブの灯りだけで、窓からは星や木々の陰を眺める事ができ、とても贅沢なサウナ環境となっています。

ストーブの石にかける水にはシラカバの天然芳香液が混ぜてあるので、男ばかりで入っていても小屋の中はとても気持ちのいい香りに包まれています。

本格的なフィンランドサウナは電気式のサウナとは全く別物です。

たまった毒が排出されて身体がリセットされたように軽くなります。

サウナの後はキッチンのカウンターを囲んで深夜まで宴会が催されます。

間伐した薪で暖房やサウナを楽しみ電気やガスをあまり使わなくても済む生活、とても考えさせられます。

毎週、週末の夜には札幌の片隅のこの隠れ家に親父たちがワイワイ集まってきてサウナナイトを楽しんでいます。

親子ほど歳の離れたお兄様方達ですが、とっても若くてめちゃくちゃパワーをもらいます。

いやぁ〜、負けていられません!


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/