Architectural design office
アポロラボ 一級建築士事務所
北海道札幌市の建築設計事務所
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 歩くスキー | main | 断熱改修 >>
トリビュートボトル


アンディ・ウォーホルのトリビュートボトルです。

普段あまり接点のないドン・ペリニヨンのヴィンテージですが、このギフトボックスに入っているのなら少し無理をしても欲しくなってしまいます。

シルクスクリーンプリントで表現されたボトルがとても新鮮で魅惑的です。

ウォーホルの活動期を知らない世代にとっては映画「バスキア」でデヴィッド・ボウイが演じた銀髪のウォーホルが過激に印象に残っています。

しかし、ウォーホルやバスキア、キース・へリングなどが同時期に活躍していたニューヨークはどんな世界だったのか想像もつきません。

「バスキア」と言えばジュリアン・シュナーベル監督の作品ですが、キューバ出身の作家レイナルド・アレナスを描いた「夜になる前に」もかなりの見応えがありました。

アレナス役のハビエル・バルデムはこの映画で初めて知ったのですが、濃いのです。

「ノーカントリー」での殺し屋役はさらに濃いのです。

男臭さが半端ないのです。

「バッファロー'66」のヴィンセント・ギャロなど、この時期の濃い役者さんには男としてかなりの影響を受けたと思います。

今は男臭さが敬遠されがちな世の中ですが、いつまでも男臭く突っ走りたいものです。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/