Architectural design office
アポロラボ 一級建築士事務所
北海道札幌市の建築設計事務所
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 札幌モーターショー (輸入車編) | main | 歩くスキー >>
札幌モーターショー (ハーレー編)

2輪の展示車両の中でもハーレーの存在感は特別なものがありました。

同じく会場に展示されていたBMW、DUCATI、MVアグスタ、トライアンフなどヨーロッパのオートバイメーカーとは完全に違った個性を醸し出しています。

4輪の方では近頃のアメリカ車はヨーロッパ車に近い雰囲気を出しつつありますが、2輪の世界では未だにハッキリとした境界線が引かれています。



ハーレーダビッドソンの「FLTRX ロードグライドカスタム」です。

ロー&ロングの典型的なバガースタイルがなんともカッコいいです。

エンジンはツインカム103(1689cc)のビッグツイン、ブレーキはブレンボ製でABSが標準装備されています。

昨年までのソリッドな配色に比べて、新色のビッグブルーパープルはとても豪華で色っぽく感じます。



こちらは、ロードグライドカスタムにさらなるファクトリーカスタムを施した「CVO FLTRXSE ロードグライドカスタム」です。

エンジンはスクリーミンイーグル・ツインカム110(1801cc)が搭載されています。



ショートスクリーンの大きなフェアリング(風防)にこのモデルの特徴であるデュアルヘッドライトが組み込まれています。

Kawasakiの「Z1-R」のフロントカウルやこの大きなフェアリングは男らしくてかなり好みのスタイルです。



このアメリカらしいグラマーで艶のあるボディラインは、クラシックでありながらも全くもって古さを感じさせません。

また、このメープルメタリックの塗装がこの優れたデザインをさらに引き立ててくれます。

もうため息しか出てきません。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/