Architectural design office
アポロラボ 一級建築士事務所
北海道札幌市の建築設計事務所
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 屋外スケートリンク | main | INFOBAR 2 >>
さっぽろ雪まつり

今週、札幌では63回目の「さっぽろ雪まつり」が開催されています。

今年も大通公園は大変賑わっています。


11丁目会場では国際雪像コンクールが開催されていて、北欧からハワイまで全部で16カ国のチームが参加しています。

このコンクールでの作品は、雪まつり期間中の5日から8日までの4日間で制作されます。

今日の時点ではまだ完成に至っている作品はありませんでしたが、制作最終日の明日に向けてほとんどのチームが仕上げにとりかかっていました。



これはタイの彫刻家チームが制作にあたっている雪像です。

タイの「マノーラ」と呼ばれる古典舞踊がテーマになっているようです。



さすがにプロが制作するだけあって模型でのスタディが丁寧に重ねられています。

この会場は各国の彫刻家やサンドアーティストなどが参加しているので作品やその制作風景はとても見応えがあります。



8丁目会場、大雪像の鶴ヶ城です。

福島県会津若松市にあるお城です。

この会場は毎年、日本建築の大雪像が制作されています。

昨年は本願寺の飛雲閣でした。

本物の飛雲閣は非公開なのでそれを雪像で細かく表現していたのには驚きました。



7丁目会場、大雪像のタージ・マハールです。

とても迫力があります。そして、とても細やかに制作されています。

鶴ヶ城といい、このタージ・マハールといい、陸上自衛隊の造形力には本当にすばらしいものがあります。



5丁目会場、大氷像の故宮博物院です。

氷なので夜にライトアップされると七色に照らされて一層キレイに映し出されます。



10丁目会場のミニSL広場です。

このカワイイSLには無料で乗車することができます。

その隣では大きな氷の滑り台などもあり、小さな子供たちで賑わっていました。

この他に北海道食の広場や歩くスキーコーナーなどもあり街中ですが冬の北海道を満喫することができます。

今日はとても気温が高くて3月中旬並みの暖かさでした。

雪像にはとても不利な条件で中には倒壊してしまった雪像もあるようです。

一ヶ月もかけて準備した雪まつりですが、とても天候の影響を受けやすいイベントなのでこの後の天候が大変気にかかります。

しかし、明日からは再び厳しい寒さとなるようなので一安心といったところでしょうか。

この冬の一大イベントが無事終了することを願うばかりです。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/