Architectural design office
アポロラボ 一級建築士事務所
北海道札幌市の建築設計事務所
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
テーマ
 JUGEMテーマ:北海道の住宅と暮らし

建築への夢は安藤忠雄の建築に出会ったことから始まりました。

それは学生の頃、偶然立ち寄ることになった姫路文学館がそのきっかけでした。

館内を順路にそって一通り歩くと、外見からは想像できないとても印象的な空間の連続で時間の流れまでもが変化したような不思議な感覚をおぼえました。

そして、建物の屋上に上がると姫路城が見えます。

お城から500mも離れていない場所に建っているのでよく見えて当たり前なのですが、その迫力は他の場所からの見え方とは比べ物にならない迫力でした。

こんな見え方があるのだと、とても衝撃を受けたのを今でも鮮明に憶えています。

外に出ると階段状になった大きな水盤の連続で、その水盤はとてもゆっくりと下流へと流れていきます。

その真ん中に浮かんだスロープは水盤の上を優しく下っていきます。

そして、そのスロープを歩いて下っていくと水の流れる音がとても穏やかに後からついてきます。

出口を出ると、しばらくは何がなんだか分かりませんでした。

とにかく、こんな建物があるのだとショックを受けました。

建築は、空間は、こんな風にも見えてこんな風にも感じる事ができるものなのだと。

それからは、安藤作品をよく見に出かけたものです。

京都、大阪、神戸と関西には安藤建築が数多く目にすることができます。

その建築には全てにおいて共感することができました。

デザインは隅々までコントロールされ、空気までもが作り出されているようなすがすがしい緊張感があります。

今でも安藤建築、そして安藤さんの生き方は目標のひとつです。

しかし、住み心地に関しては別です。

住宅はとても人が快適に住めるとは思えませんでした。

冬はキンキンに寒く、夏はカンカンに暑い。

一年中で快適な期間はほとんどないように思います。

安藤さん自身、住宅の依頼をしてきた人には不便で不快、住みにくいと最初にはっきりと断っておくそうです。

さすが、安藤さんです。

デザインばかりを気にして、クライアントに甘い言葉ばかりを口にするナンパな建築家とは本質が違います。

しかし、そういったデザイン重視の住み心地がよくない家でも建築界では評価されることが多々あり、逆に、そういった作品ばかりが脚光を浴びているような世界でもあります。

たとえ、クライアントに訴えられるような建築だとしてもです。

華やかな建築の世界では、クライアントはパトロンのようなモノなのかも知れません。

建築家の目は建築家の世界でどうやったら認められるか、そんなことばかりに目が向けられているように感じます。

最近の野心のある建築家は特にこの傾向が強く、さらに加速しているように思います。

正直、そんな世界にはうんざりします。

クライアントの要望に正面から向き合ってひとつずつ積み上げて行く。

どんな時でも住み心地に対して安心感のある、ホッとできるような空間。

そういった空間や建築を目指したいものです。

そして、それが建築界で評価されなくても結構です。

元々、そんな名声は求めていないのだから。

テーマは、「家族の風景」、「穏やかな暮らし」です。

このテーマだけは何がなんでも貫き通していくつもりです。



APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/

レンガタイル

セルフビルドの記事の続きです。

セミセルフビルド向きの作業として前回は「塗装」について触れました。

同じく取り組みやすいもののひとつとして、「レンガタイル貼り」があります。

キッチンの壁や薪ストーブの近くにはレンガタイルを貼ることが多々あります。



レンガは直接工場に仕入れにいく事もあり、気に入った色合いのタイルを実際に確認して選別することも可能です。

ハネ品と呼ばれるB級品は味があって、正規品に比べて価格的にも魅力的なのでよく使用します。



上の写真ではお施主さまがご自身でキッチンにレンガタイルを貼られている所です。

まず、割り付けに合わせて下地の壁に水平の墨を入れます。

次に、完成した壁をイメージしてタイルを割ったり切ったりします。

そして、イメージに合わせてタイルを専用のボンドで貼付けていきます。

じっくり考え過ぎないことです。

勢いをつけてさっさと作業を進めていくのが成功の秘訣です。



タイルの裏にボンドを塗っている所です。

私もエプロン持参で作業に参加せてもらっています。

こういった作業はワイワイと本当に楽しくてなかなかやめられません。



通常は上の写真のように熟練の職人さんがコテで下地に直接ボンドを塗り付け、その上にタイルをテンポよく貼っていきます。

もちろん、おまかせした方が作業時間は相当に早くなります。



バランスよく、とてもキレイに貼り終えることができました。



次の日にタイルの隙間に目地を詰めます。

後は乾けば完成です。



キッチンと家具が入るとこんな感じになります。



なかなかに味のある仕上がりとなりました。

こういった作業は工期にあまり影響もしないので、気楽に楽しむことが出来ます。



上の写真は店舗のキッチンに施工した時の写真です。

レンガは住宅でも店舗でもグッと雰囲気が出るので本当にありがたい存在です。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/

セルフビルド

最近はセルフビルド住宅がメディアなどでも取り上げられ注目されています。

しかし、全ての工事を素人が一から行うとすれば、それはかなりの困難を伴うものとなります。

この場合、大事なところはプロに任せて、素人でも施工出来そうな所はできるだけ自分達でやってみるような参加型の「セミセルフビルド」が時間的にも費用的にも効率がいいような気がします。

セミセルフビルドの中で取り組みやすいもののひとつに外壁の塗装があります。

APOLLO LABでは外壁に天然の木材を多く使用しています。

その外壁塗装には通常、オイルステインを使用します。

オイルステインは塗ると言うよりは、浸透させると言った方がいいかも知れません。

オイルが木の表面だけでなく内部にまで浸透していくので、雨などにさらされても木の内部まで水分が侵入することを防いでくれます。

浸透しているので、ペンキのように剥げることも無く耐久性にもとても優れています。

刷毛で塗っていくだけなので素人でも簡単に行える作業です。

しかし、やはり家一軒分となるとその表面積はかなりの作業量になるので休日返上で根気強く塗り続ける必要があります。



外壁の材料(胴縁)にセルフで塗装をしているところです。

お施主様の友人、知人など大勢の助っ人が駆けつけてくれています。

一人ではとても時間がかかる作業なので、応援はとても心強くありがたい存在です。

そして、何よりも皆さんワイワイとても楽しそうに作業をされています。

こういった所もセルフビルドの魅力のひとつですね。



この材料にはオイルステインではなく、「ウッドロング・エコ」という天然成分のみで作られた腐朽菌が発生しにくい木材保護剤を使用しています。

紫外線や雨をなどの湿潤を繰り返すことによって木材に浸透していく材料なので、時間が経つほどに効果が発揮されます。

そして、だんだんと表面の色も濃くなり、自然な枯れた茶色に近づいていきます。



この現場では外壁を張る作業も全てセルフで行われました。

写っている方は皆さん助っ人(素人)の方です。

とても頼もしい存在です。



しかし、外壁の表面積がとても広い家なので張り終えるには一苦労です。



微力ながら、私も助っ人の一人として何回か参加させて頂きました。



メインの大壁が張り終えたところです。

この色もだんだんと濃くなっていい色になっていきます。



この住宅の内部(リビング)です。

この左官壁、レンガ張りも全てセルフで施工されました。

セルフですが、いい意味でとても味のある仕上がりです。



このお家から見える景色です。

東の窓からは、石狩湾がとてもキレイに見えます。

こういった景色も思い出のいっぱい詰まったセミセルフビルドの空間によって一層愛着のある景色になると思います。

どんな住宅でもノーメンテンンスでは長持ちさせることは難しいでしょう。

そして、住み慣れた家に少しずつ手を入れ、メンテナンスしながら長く付き合っていくのが理想だと言えます。

10年の単位で考えるとすれば、家族の構成も変化することだと思います。

そうすれば、空間の使い方も変わってきます。

小さなリフォームを繰り返しながら、その時に合わせた空間造りを楽しむことも住宅と長く付き合っていく方法のひとつです。

その入口としてセルフビルドのように住宅の建設に参加することはとても意味のある事だと思います。

設計においてもそういった変化に対応することのできる空間造りを心掛けています。

その結果として、愛着を感じて長く住み続けてもらえるのなら設計者としてはこれ以上に嬉しいことはありません。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/
南側の採光

先日、「北側の採光」の良い所について触れましたが、だからと言って「南側の採光」を否定している訳ではありません。

あくまでもその土地の置かれる環境、そしてその土地の持つ良さを最大限に考えて窓の配置を考えていきます。



例えば、この平屋の住宅です。

上の写真は建物の北側にある玄関を見ています。

この北側は道路と接しているので開口部を設置するにはあまり適していません。

道路を挟んで向い側には住宅も建っています。

そのため、道路からは閉じた印象のファサード(正面)になっています。



逆に、敷地の南側には遊歩道を挟んで海まで森が広がっています。

そして、この敷地に住宅を建てるとすれば、北側の道路とそのお向かいさんを見て過ごすよりも、この森を見て生活することで決まりです。



この写真のように、ほとんどの窓から見える景色は南側の森がメインとなります。



リビングのこの窓は西を向いていますが、それでも森が見えるように配置しています。



一日のほとんどを過ごすリビングとダイニングでは、どこにいても森が見えるように窓を配置してあります。

太陽高度の低い冬場であれば、それらの窓からは日中はほぼ一日中、陽が差し込みます。

その場合、日射から熱を得ることができるので、その熱で室内が温められ室温が上昇し、その結果、暖房負荷の軽減にもつながります。

それでは逆に、夏は暑くて困りそうですが、夏場は太陽高度が高いので軒さえしっかりと出しておけば気温の一番高くなる時間帯に直接日射が差し込むことを防ぐことができます。

この住宅でも夏場のことを考えて軒を出してあります。

南側はもちろんのこと、西側には少し長めに軒を出して西日の侵入時間ができるだけ短くなるようにしてあります。



上の写真は敷地の南側(森の方)から見ています。

写真の手前には遊歩道があり、庭には大きな広葉樹が植えられています。

夏場はこの庭の木々に葉が茂り、そのおかげで強い西日を遮ることもできます。

逆に、冬場は葉が落ちて室内に日射を獲得することができます。

こういった周辺環境と共存したパッシブな考え方も、できるだけ設計に取り入れるようにしています。



実は、この住宅で一番素敵な景色が見える場所は浴室なのです。

この写真の廊下の奥に見えるのが浴室です。

(ひとつ前の南側から見た写真の一番右にある窓が浴室の窓になります。)



この浴室と森との間には遊歩道があるのですが、ほとんど人が通らないので思い切って浴室をこの位置にもってきました。

湯船に浸かりながら森を眺め、夜には星を眺める事もできます。

もちろん、人目が気になれば窓に内蔵されているブラインドを下ろせば視線を遮ることが可能なので安心です。



この浴室内には洗面台も設置してあるので、朝は必ずこの浴室を使うことになります。

一般的に水まわりは必ずといっていいほど日陰に追いやられがちです。

しかし、一日の始まりに家の中で一番気持ちのいい場所で顔を洗うものいいものだと思います。

天気が良ければそれだけで嬉しくなります。

雨が降っていれば家の中が愛おしくなります。

朝、歯磨きしながら外を眺めてそんなことを考える時間があってもいいんじゃないかと思います。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/
一級建築施工管理技士

設計事務所の主な業務は「設計」と「監理」です。

「設計業務」は建築のデザインや図面の作成などを指します。

「監理業務」とは工事監理の事で、その建築物が設計した図面(設計図書)の通りに造られているかどうかを建築士が確認する事です。

もしそこで不明確な箇所や不備、不足などを見つければそれらを明確にし、建築物の安全性や品質の確保のためにそれらに対して調整や修正を施すように工事施工者に指示しなければなりません。

建築士法では、確認申請の際に「工事監理者」を定め届けを提出することになっています。

そして、工事監理が終了すればその結果を文書(報告書)で建築主に報告することになります。

住宅程度の規模であれば設計者と工事監理者は同一である場合がほとんです。

しかし、この報告書の内容や書き方はその監理者によって様々です。

監理報告書の密度は設計者の能力次第で左右されるとも言えます。

ということは工事現場、施工方法、使用材料をよく知っているということは必然的にその能力が高いということが言えると思います。

確かに、設計者でも現場が好きな者もいれば、ほとんど現場に行かない者もいます。

それだけでも監理能力にバラつきが生じ、その結果、施工品質にも影響を及ぼすことにもなりかねません。

また、現場を知らず、現場経験も少なければ工事の不備や欠陥を見落とす可能性が増すと言えます。

逆に現場経験が豊富で監理が行き届いていればその建築物の品質は確保されていることになります。

監理能力の向上、強化のためにAPOLLO LABでは、一級建築施工管理技士(国家資格)を取得しています。

一級建築施工管理技士は分かりやすく言えば、工事管理のスペシャリストのことです。

ここで言う「管理」は先ほどの「監理」とは少し違った意味合いのもので、施工計画、施工管理、行程管理、品質管理、コスト管理、安全管理などの工事全体の計画・管理全般のことを指します。

この他、建設副産物の再使用や、工事の省エネルギー化、施工の合理化、環境負荷低減、労働生産性の向上、災害防止など工事に関して様々な計画や管理を行います。

これらの工事管理に対して一級建築施工管理技士は工事規模の上限がなく(どのような大きな工事でも)施工管理を行うことが出来ます。

施工の「管理」ができれば、建築士としての「監理」に対しても一歩踏み込んだ工事監理を行うことができ、またクライアントに対してAPOLLO LABの監理能力の参考的な目安にもなると考えています。

友人には建築士はいつも涼しい顔をして机に向かっているのでは、とよく言われます。

あと、現場でも偉そうにしているとか。

イメージとしては、こんな感じでしょうか。



現場で打ち合わせをしている一場面ですが、こんなのは業務のほんの一部分でしかありません。

中には現場にも来ずにハイヒールを響かせている事務所も存在しますが、APOLLO LABでは埃、泥、汗にまみれた設計・監理を行っています。

基礎工事であれば長靴をはいて泥にまみれ、棟上げであればヘルメットをかぶって木材の荷揚げを手伝います。



できるだけ現場に通い、施工者と意見を交わし、少しでも改善、改良を重ねて機能的にも品質的にもより質の高い建築を目指しています。

そんな中で完成後見えなくなる隠蔽部分もしっかりと記録し、隅々までしっかりとした工事監理を行うように心掛けています。

なによりもとにかく現場が大好きで、とにかくいいものが造りたくてしょうがないのです。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/
北側の採光

窓と言えば、その多くは南側に設置してほしいとの要望がほとんどです。

しかし、北側の窓も捨てたものではありません。



この住宅は主な開口部の多くが北側に設置してあります。

この住宅の場合、南隣りの土地には既に土地ギリギリに住宅が建っています。

なので、南側に開口部の多くをとってしまうと、常にその住宅を見て過ごさなければならなくなってしまいます。

そしてその結果、お隣さんの目を気にして日中でもブラインドやカーテンを閉めてしまうことにもなりかねません。



土地が北西の角地に位置しているので、お昼を過ぎると西の車庫側に日光が当たります。

冬なので北側に直接日射が差し込むことはないのですが、夏至に近い夏頃には北側にも日が差し込むことがあります。

あまり知られていないのですが、北側壁面には春分から秋分までの6ヶ月間は日射を得ることができるのです。

夏至の北側壁面は日の出後と日没前に日照があり、北緯36°付近(関東地方)であれば可照時間は7時間28分と東西面合計の7時間14分よりも長くなります。



北側の窓から入る光です。

ダイニングには冬でも足元まで十分な明るさを確保できています。



キッチンですが、日中は電灯を点けなくても北側の採光だけで料理することも可能です。



この土地で北側に開口部をとった最大の理由は、庭と道路を挟んで北側(写真左)にある防風林の景色がとても魅力的だったからです。



家の中からは北側の窓を通してこのような景色を見ることがます。

南隣りのお家を見て過ごすよりも、日光が当たってキレイに映える防風林を見た方が気持ちのいい一日が過ごせることでしょう。

それと、南側からの採光は強すぎて日中の採光が安定していません。

しかし、北側からの採光は一日中優しい光が安定して入ってきます。

勉強机や書斎の机などは南側の窓の下にもってくるよりも北側の窓の下にもってきた方が机の上が安定して明るいため落ち着いて読み書きをすることができます。

冬場の日射取得熱など南側採光で有利なことも多くありますが、北側の採光にも多くの利点があります。

その土地の魅力を引き出すためには開口部の設計はとても重要になってきます。

その土地の環境を最大限に活かして、四季の変化や光の移ろいを楽しむことのできる空間造りをいつまでも大切にしていきたいものです。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/
建具


オリジナルの木製建具です。

一枚の大きさは、高さが2200mm、幅が900mmと大きめのサイズとなっています。

寝室(ベッドルーム)とその前室(セカンドリビング)との間仕切りとして製作しました。

就寝時は閉じて使用し、それまでは開け放つことで前室と一体の空間とすることができます。

この二枚の戸を開け放つと開放感のある空間となります。

奥が寝室とウォークインクローゼットになります。



閉じてしまっても両方の部屋が明るくなるように透過性の高い4mm厚の中空ポリカーボネート板を挟み込んでいます。

この部屋は建物の北側に位置していますが、この建具のおかげで電気を点けなくても日中は明るく過ごすことができます。



このポリカーボネートは中空構造のため同じ厚さのガラスに比べても重さが1/10しかありません。

その上、アクリルに比べ約40倍の耐衝撃強度があるので地震に対しても十分な強度があります。

中空構造とは、わかりやすく言えばダンボールの断面のようなものです。

大きな建具ですが、軽いのでとても容易に開け閉めする事ができます。

オリジナルの製作建具ですが、この特注サイズであっても既製品と比べての価格差はほとんどありませんでした。

かえって安いくらいだったと思います。

夏は開け放てば風が通り、冬は閉め切っても光が通ります。

同じ部屋でも季節や生活時間、使い方などその時々の変化にあわせて楽しむことができるようにと考えました。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/
クローゼット


クローゼットです。

扉を開けるとウォークスルーできるようになっています。



手前の寝室、奥の寝室と両方の部屋から共通で使えるようになっています。

3m×2.5mと、とても大きな収納スペースになっていてタンスを収納することも出来ます。



ハンガーパイプの位置が床から1.7mの高さに設置してあるので、洋服を吊ってもその下に90cm位のスペースが生まれます。

その空いたスペースには引出しが4段位のチェストなら収めることも可能です。



入口の扉の裏には姿見(鏡)が設置してあります。

扉の上部にはガラリ(通気口)を設置してあり、クローゼット内に空気が滞留することを防ぎます。

枕棚の上にも70cm位のスペースがあるので、全体の収納力はかなりのものです。

自分で設計しておいてなんですが、とてもうらやましい広さです。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/
左官壁


左官で壁を仕上げています。

今回は石膏プラスターで仕上げる事にしました。

石膏プラスターは石膏ボードなどに使われる石膏に砂と水を混ぜ合わせた材料です。

普段は珪藻土や聚落壁の下地調整に使われる下塗り材ですが、仕上げ材としても十分に魅力的な素材です。

乾いてしまうと固く強度のある素材なので割れにくく、下塗り材の必要がないのでコスト面でもをかなりの貢献をしてくれます。



塗り終わった壁です。

職人さんにコテむらを付けてもらって仕上げています。



表情を豊にするために国産の稲わらを砕いたものを混ぜ合わせています。



夕日を浴びて柔らかく優しい表情になっています。



白熱照明のもとではまた違った表情をみせてくれます。

下塗り材でも一日を通してこれだけの表情があります。

この仕上げは石膏と砂、水を混ぜただけなので、とてもシンプルな天然素材と言えます。

そして、石膏プラスターは中性で結晶水を含むために防火性能にも期待がもてます。

混ぜ物のない単純な素材は毎日の生活に安心を与えてくれるので、素材を選び抜き、できるだけシンプルな住宅設計を心がけたいものです。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/

断熱施工


断熱施工の様子です。

断熱は寒冷地である北海道においてはとても重要な住宅性能のひとつとなります。

在来木造工法では軸組の間にグラスウール(ピンク色)などのフェルト状断熱材を充填する充填断熱を行います。

グラスウールは熱伝導率が0.038W/(mK)以下の高性能グラスウールを使用し、壁は軸間の100mm+外壁側に付加断熱として100mmと合計200mmの断熱層を設けます。

天井には300mmの断熱材を充填します。



断熱材の充填の後に室内側(天井)に気密シート(防湿防水、オレンジ色)を張っているところです。

このシートを張ることにより室内からの断熱材への水分の侵入を防ぐと共に、外気の侵入を防ぐことができ防湿性と気密性を確保することができます。



天井と同じように壁にも気密シート(オレンジ色)を隙間無く張っていきます。

住宅の内側全体をラッピングするような感じです。



外壁側に付加断熱(100mm、黄色)を施しているところです。

断熱(軸間断熱)の上にさらに断熱を重ねることで熱橋(ヒートブリッジ)を少なくすることができます。



断熱材の上には防水シート(タイベック、白色)を張って雨の侵入を防ぎます。

この防水シートは透湿性があるので、万が一断熱材が濡れてしまった場合にも適切な通気層を設ける事で素早く水分を外気に解放し乾かす事ができます。

しかし、万が一が無いようにしっかりとした防水性能を確保するようにします。

この防水層は防風層としての役目も果たします。



最後に通気層の上に外壁(茶色)を張っていきます。

壁は熱損失の割合が熱損失全体の25%もあり、天井の6%、基礎の9%と比べても熱損失が大きく、そのため高い断熱性能が必要とされます。

そして、断熱性能を高める事で室内の上下温度差を少なくし、暖房エネルギーの省エネ化を計ることができます。

しかし、断熱材は濡れてしまうと性能の低下につながるので、その性能を十分に発揮させるためには高い気密性と防水性が必要となります。

そのため、施工時には何度も施工方法や施工状況の確認を行いながら工事を進めていきます。

そうした施工品質の確保を行った結果、熱損失係数(Q値)を1.25W/m2K以下、隙間相当面積(C値)を0.5cm2/m2以下に抑えた高断熱化、高気密化を実現することが可能となります。

エネルギーの損失を少なくする事はこれからの住まいづくりの重要な課題と言えます。

そして、そういった地域環境に必要な住宅性能とデザインを併せ持った設計を行っていきたいと考えています。


APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/