Architectural design office
アポロラボ 一級建築士事務所
北海道札幌市の建築設計事務所
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ベンチ


札幌大通ビッセ内(2F)にあるベンチです。
木工作家の高橋三太郎さんの作品になります。
座面がかまぼこ型に反っています。
腰を下ろしてみると、なんとこれがとても座りやすいのです。
かなりの驚きです。
職業柄、おもしろそうな椅子を見かけると必ず座るようにしています。
しかし、座面が普通とは反対側に反ったベンチがこんなに座りやすいとは思ってもいませんでした。
腰掛けると太ももの裏側全体にまで圧力が掛かるので腰への負担が減りとても快適でした。
なにげなく置いてありますが、このベンチの実力は相当なものです。


これも三太郎さんの作品で、「 on the desk 」 というカード立てになります。
それぞれに違った表情をしていてるので、ついたくさん並べたくなります。
素材も様々でナラ、オンコ、ウォルナット、メープル、ブナなどが使われています。
札幌スタイルの認証作品でスタイルショップの他、札幌のホテルや観光インフォメーションセンター、千歳空港などで販売されています。
こういった手作りの木工作品に触れていると、それだけで穏やかな気持ちになれます。

APOLLO LAB / アポロラボ 一級建築士事務所 http://apollolab.net/
トリップトラップ
師匠から息子へ譲って頂いたストッケ社のトリップトラップです。
座板と足置き板(赤色)の高さを14段階自由に変えることで、生後6ヶ月頃から大人まで幅広く使用することができます。


使用年数は20年近くになります。
20年も経つのに少し磨いただけでこんなにキレイになります。
いい家具は丁寧に扱えばいつまでも使えるんですね。
息子はまだ4ヶ月なので座れませんが、座れるようになれば末永く大切に使っていきたいと思います。
師匠、ありがとうございます


椅子
先日、家具メーカーのプレゼンテーションに参加してきました。
新作がたくさんある中、この椅子が一番の存在感でした。


卵の殻のようで見た目は華奢ですが、かなりしっかりと造られています。


湾曲した細い板が樹脂のジョイントでつながれています。
このジョイントはそれぞれスライドすることが出来るので卵の殻の割れ目をずらして形を変えることができます。
実際に座ってみましたが、三日月に座るようにして全身でもたれかかることもでき、とても面白かったです。